食物繊維

むくみや便秘の解消に欠かせない食物繊維の主な働きをまとめました。正しい摂取方法、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の違いについても解説していきます。

便秘やむくみに悩む女性が積極的に摂りたい!食物繊維の効果とは

食物繊維というとお通じを良くする栄養素として有名ですが、実は多くの女性が悩む「むくみ」の解消にも重要な働きを持っています。

むくみの原因には、運動不足、ストレス、冷え、塩分の過剰摂取などがあります。これらはすべて全身の血の巡りが悪くなることで、体内に余分な水分が溜まって起こるむくみ症状。

それとは別に、むくみは便秘によって起こるケースもあります。

便秘になると、排便が困難になることで便はいっそう硬くなります。硬い便=便自体の水分は不足した状態ですが、この時に体内に貯蓄する水分量はかえって増えてしまい、それがむくみとなって現れるのです。

朝起きてから、顔や手、上半身がむくんでいるのは、便秘が原因という可能性も…。便秘になるとお腹にガスが溜まって下半身が圧迫されるので、足のむくみも悪化しやすいようです。

これらの便秘からくるむくみには、食物繊維をしっかり摂ることが効果的です。

食物繊維の正しい摂取方法

食物繊維を摂るうえで気を付けたいのが、水溶性と不溶性の2種類の食物繊維をバランス良く摂ること。水溶性食物繊維は、キャベツ、大根、リンゴ、海藻類などに多く含まれていて、便を柔らかくして排出させる働きを持っています。

それに対して、便のかさを増やして腸のぜんどう運動を促すのが、不溶性食物繊維。食べ物では、豆類、いも類、きのこ類に多く含まれています。

どちらか一方の摂取では、かえって便通を妨げてしまうこともあります。

理想は、水溶性食物繊維1:不溶性食物繊維2の割合で摂ること。食べ物では、アボカド、大麦、納豆などが両方をバランス良く含んでいるので、これらを積極的に摂るのも良いですね。

食物繊維はサプリメントで効率良く摂ろう

慢性的な便秘やむくみの改善には、日頃から継続してサプリメントを飲むのもおすすめです。

最近はカリウムなどのむくみ成分に加えて、食物繊維を配合したサプリメントも多いので、そういったサプリを活用してじっくり体質改善に取り組んでみて下さい。