メリロート

むくみ対策成分として有名なメリロートの効果、注意したい副作用、摂取時のポイントなど解説しています。

ダイエットやむくみ対策の人気成分!メリロートとは

最近は、美容やむくみに良い成分としてメリロートという成分をよく聞きます。メリロートは、ヨーロッパなどで医療用ハーブとして使われているマメ科の植物のこと。

メリロートの中には、クマリンという有効成分が含まれていて、このクマリンが美容に万能の効果があると注目を集めています。

メリロートに含まれるクマリンの最大の効果は、血の凝固を防いで血液をサラサラにできること。全身の血行が良くなるため、冷え症を効果的に改善したり下半身の頑固なむくみにも効果が期待できます。

さらに、体の代謝機能が活発化すると、カロリーの消費効率がアップし痩せ体質になっていくことから、ダイエット成分としても人気が高まっています。

むくみに悩む女性の中では、とくに冷えが気になる方、運動不足で基礎代謝が低い方などに適した成分と言えそうです。

副作用もあるので注意は必要

むくみやダイエットに人気のメリロートですが、最近は副作用があることでも話題になっています。メリロートを過剰に摂取することで、肝機能障害、黄疸、だるさなどの副作用が出ることが専門家たちによって指摘されています。

とくに日本では、ヨーロッパよりクマリンの含有量の基準がゆるく、某大手会社のサプリメントでもヨーロッパの基準値の2倍以上のクマリンが使用されているそう。

たとえ摂取量を守っていても、クマリンを過剰摂取してしまう可能性があります。

厚生労働省のホームページでもこのようなメリロートの副作用の報告がされていて、サプリを飲んでだるさや脱力感を感じた時は、直ちに服用をやめて病院に行くことが大切です。

メリロートはサプリメントで効率良く摂ろう

これらの副作用が心配な方は、メリロートと似たような血行促進成分にシトルリンがあるので、そちらが配合されたサプリを選ぶのが安心かもしれません。

今ではたくさんのメリロートサプリが発売されているので、自分にあったものを見つけてみましょう